太宰府天満宮の混雑状況!初詣の期間・時間のおすすめを検証!安全にゆっくりお参りしたい

太宰府天満宮
スポンサーリンク

太宰府天満宮は、学問の神様である菅原道真公を祀っており、受験シーズンとも重なるため初詣には毎年多くの参拝客が訪れます。

特に、年末年始の混雑は身動きが取れないほどです。

そこで今回は、太宰府天満宮の初詣の混雑する期間や時間などを詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

初詣の参拝期間に決まりは?いつまでに行けばよいの?

そもそも、初詣の参拝期間やいつまでにお参りに行くべきかという仕来たりは意外と知られていなかったりします。

そこで、ここでは初詣の参拝期間に関して、次の項目をご紹介していきたいと思います。

  • 一般的な初詣の参拝期間について
  • 太宰府天満宮の初詣はいつまでに行けばよいの?

一般的な初詣の参拝期間について

「初詣」となると、「正月三が日」に行かなければならないと思っている方も多いと思います。

しかし、意外かもしれませんが初詣の期間は、特に決まりはないんです。

ところが、多くの方は「正月三が日に参拝すべき」と思っている方も多いため、初詣はどうしても混雑してしまいます。

神社などを統括している神社庁によれば、初詣の期間に特に決まりはないが、旧暦の小正月と言われる1月15日までに参拝するのが好ましいと言う見解をしています。

太宰府天満宮の初詣はいつまでに行けばよいの?

では、肝心の太宰府天満宮の初詣の期間ですが、上記でも紹介している通り1月15日までに参拝すれば良いです。

旧暦の小正月の1月15日にもなれば、参拝客もまばらになりますし、混雑に巻き込まれることは少ないでしょう。

ただし、太宰府天満宮は初詣の期間に関係なく、平日でも観光客や修学旅行生などが訪れていますので、多少の人込みは有ると思っておいた方が良いと思います。

初詣期間中の混み具合は?参拝の待ち時間はどれくらい?

次に、太宰府天満宮の初詣期間中の込み具合や、参拝の待ち時間についてご紹介していきたいと思います。

太宰府天満宮の初詣期間中の参拝客数は、毎年250万人以上と言われています。

ですので、スムーズにお参りをするためにも混雑状況や待ち時間などを予め把握しておくことをおすすめします。

そこで、ここでは

  • 1月1日の参拝予想人数と待ち時間
  • 1月2日・3日の参拝予想人数と待ち時間
  • 1月4日以降の参拝予想人数と待ち時間

をそれぞれご紹介していきたいと思います。

1月1日の参拝予想人数と待ち時間は?

年越しを太宰府天満宮で迎える方や元旦ということもあり、最も参拝客が集中するのが1月1日です。

毎年、太宰府天満宮の参拝客数は元旦のみだけでも100万人近くにはなると思われます。

100万人規模になると待ち時間は、4~6時間は当たり前だと思っておいた方が良いでしょう。

太宰府天満宮の参道に入った時点で、混雑には巻き込まれると思います。

1月2日・3日の参拝予想人数と待ち時間は?

元旦までとはいきませんが、1月2日・3日も参拝客数は毎年多いです。

2日間で元旦と同じく例年100万人ほどの方が参拝に訪れます。

しかし、待ち時間に関しては元旦よりは待たないとは思います。

それでも、本殿にたどり着くまで2~3時間はかかると思っておいた方が良いと思います。

1月4日以降の参拝予想人数と待ち時間は?

1月4日以降になると、参拝されるお客様もだいぶ少なくなります。

しかし、それでも常に混雑するくらいの人数は参拝に訪れています。

待ち時間も1~2時間はかかる位の気持ちで行かれた方が良いと思います。

また、太宰府天満宮へ車や公共交通機関を利用して訪れる際の、交通規制の為の混雑する時間やアクセス方法に関しては、こちらの記事でご紹介しているので参考にされてみてください。

太宰府天満宮へのアクセス情報はこちら>>>

混雑しにくい参拝のおすすめ時間帯!

次に、太宰府天満宮の混雑しにくい参拝のおすすめの時間帯をご紹介していきたいと思います。

ここでは、

  • 1月1日のおすすめ時間帯
  • 1月2日・3日のおすすめ時間帯
  • 1月4日以降のおすすめ時間帯

に分けてご紹介していきます。

1月1日のおすすめ時間帯

正直なところ、太宰府天満宮の元旦は毎年終日混雑しています。

ですので、出来れば元旦だけでも避けた方が良いとは思います。

ただし、混雑はするものの夜の時間帯(18:00~以降)は昼間ほどの混雑はしていないと思います。

1月2日・3日のおすすめ時間帯

1月2日・3日のおすすめ時間帯は、午後以降だと思います。

1月2日の午前中までは、毎年混雑しますが午後になると徐々に落ち着いてきます。

太宰府天満宮は正月三が日の間は、24時間開門しているので夜の時間帯に訪れれば、比較的スムーズに参拝出来ると思います。

1月4日以降のおすすめ時間帯

1月4日以降になると、グッと参拝のお客様も減るのでどの時間帯でも比較的スムーズにお参り出来ると思います。

ただし、参拝客数の減り具合も1月4日までが限界で、通常の日と同じような参拝のお客様で賑わいます。

そこで気になるのが、お守りや御朱印などの販売時間だと思います。

お守り・御朱印などの販売時間に関しては、こちらで詳しくご紹介しているので、参考にされてみてください。

初詣の混雑や時間のまとめ

今回は、太宰府天満宮の初詣期間の参拝人数や混雑時間などをご紹介してきました。

太宰府天満宮の初詣期間は、基本的に終日混雑していると思っておいて良いと思います。

しかし、上記でもご紹介している通り、初詣は必ずしも「正月三が日に参拝しなければならない」というわけではありません。

神社への参拝はいつ行っても良いものです。

ですので、混雑を避けたい方は旧暦の小正月の1月15日までに参拝されるのがおすすめだと思います。

太宰府天満宮
スポンサーリンク
happylifeをフォローする
合格祈願
タイトルとURLをコピーしました