祐徳稲荷神社のアクセスは車か電車か!初詣の渋滞情報や口コミも紹介

祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社は、年間300万人が訪れる、これは九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数です。

特にお正月は約70万人の参拝者が訪れる為、祐徳稲荷神社のアクセスを車にするか、電車にするかで悩む方も多いです。

しかし、今年はコロナの感染防止のため、年末年始の休みが延長されるようです。

その為、日程分散することで、安心して祐徳稲荷神社を楽しむことができると思います。

祐徳稲荷神社のアクセスは車か電車がよいのか、また今年の特徴も含めてご紹介します。

祐徳稲荷神社のアクセスは車!初詣期間中の渋滞予想

祐徳稲荷神社は佐賀県内で一位の参拝者数を誇っています。

地方にあるので車で行く方が多いですが、お正月の時期は渋滞が予想されます。

今年は特に、コロナの感染防止のために車で行きたい方が多いと思います。

ここでは、交通規制情報や渋滞予想を紹介しています。

初詣期間中の周辺の交通規制情報

祐徳稲荷神社は初詣期間中の約5日間、交通規制が実施されています。

正確なマップはHPにも記載されないので、三ヶ日近くに祐徳稲荷神社へ問い合わせることをおすすめします。

問い合わせ:0954-62-2151

 

初詣時期は、3,000台収容の無料駐車場が完備されていますが、それでも混雑は避けられないようです。

駐車場は、境内の駐車場と門前商店街の入り口の2箇所に無料の駐車場があります。

しかし、正月はここが満車になるため林業体育館の駐車場も開放されています。

林業体育館はスポーツやレジャーができる施設であり、祐徳稲荷神社まで歩いて約10分です。

混雑に関しては様々な対応をしていますが、何より混雑の時間帯を外した参拝が一番のようです。

初詣期間中の周辺の渋滞予想を時間帯で紹介

年末年始から4日以降までの渋滞状況の予想を表でまとめてみました。

〈渋滞予想〉

12/31 21:00~3:00 大混雑
1/1 9:00~17:00 大混雑
1/2.3 9:00~17:00 大混雑
1/4 9:00~17:00 大混雑

このように初詣は大混雑が予想されます。

さすが佐賀県内で一位の参拝者数を誇っている神社だけあります。

しかし、今年は年末年始の休みが延長されることを受けて、混雑が緩和する可能性があります。

余裕を持った計画ができそうです。

初詣に車で行った人の口コミ

毎年、初詣は混雑が予想されていますが、より詳しい情報があると計画しやすいと思います。

ここでは初詣に実際に車で行った人の口コミを良いと悪いに分けてお伝えします。

良い口コミ

・無料駐車場が多く開放されていて、お金がかからなかった。

・抜け道を通ることで、渋滞を避けることができた。

悪い口コミ

・帰りには、また大渋滞が巻き起こっており、初詣に行かれる方は、午前中をお勧めします。

・普段は車で1時間のところを、初詣は3時間半もかかった、疲れた。

 

車で行った人は、どの口コミも大渋滞のことで持ちきりでした。

地元の人は抜け道を使うこともあるようです。

しかし、駐車場で並ぶことも多いようなので、到着しても油断は出来ません。

祐徳稲荷神社の初詣に電車で行くなら路線バスを使おう!

祐徳稲荷神社は、海外や県外から参拝に来る方も多いので、電車やバスを利用する方も多いです。

今年はコロナの感染防止のため、車を検討されている方もいると思います。

しかし、年末年始の休みが延長されることもあり、日程分散の参拝も可能になりそうです。

そこで、交通機関を使って安心して参拝に行く情報をまとめました。

祐徳稲荷神社の初詣に電車と路線バスで訪れる時の乗り換えや所要時間、料金を紹介します。

最寄り駅の肥前鹿島駅までの電車情報

祐徳稲荷神社に電車で行くには、博多駅・佐賀駅・長崎駅からアクセスできます。

そこで、各駅からのそれぞれの情報をお伝えします。

1.福岡市内から電車で行くには

JR長崎本線の特急で博多駅から肥前鹿島駅まで約1時間乗車します。

・乗り換えなし

・運賃2,630

2.佐賀市内から電車で行くには

JR長崎本線の特急で佐賀駅から肥前鹿島駅まで約20分乗車します。

・乗り換えなし

・運賃1,200円

3.長崎市内から電車で行くには

JR長崎本線の特急で長崎駅から肥前鹿島駅まで約1時間乗車します。

・乗り換えなし

運賃2,340

 

九州のどの駅からも乗り換えがないところが魅力です。

渋滞もなく、片道約1時間なので、家族連れの方などは見通しを持った計画が立てやすいです。

肥前鹿島駅からの路線バス情報

最寄りの駅から肥前鹿島駅まで到着したら、次は路線バスに乗り換えます。

肥前鹿島駅から祐徳稲荷神社までの路線バス情報です。

 

肥前鹿島駅(鹿島バスセンター) ⇄ 祐徳稲荷神社(祐徳神社前)

・約10分

・運賃330円

・約1時間に一本

 

路線バスはコスパもよく、祐徳稲荷神社の目の前に停車するため便利です。

電車と合わせて利用する方が多いですが、1時間に一本なので時刻表を事前に確認すると良いです。

三ヶ日にでも、臨時バスやシャトルバスは運行していません。

初詣に電車と路線バスで行った人の口コミ

実際に路線バスで祐徳稲荷神社に行った人の意見があると、参考になると思います。

そこで、良い口コミと悪い口コミの情報をお伝えします。

良い口コミ

・車内には、日本語以外にも、英語・中国語・韓国語タイ語の注意書きがある。祐徳稲荷神社などがタイのドラマや映画の舞台になっている関係でタイ人観光客の利用が多いため。

・祐徳神社前のバスターミナルは小さいですが、暖房が入った待合室がありました。

悪い口コミ

・1時間に一本しかバスが出ていない

 

レトロな雰囲気のバスで地元の人にも愛されています。

外国語表記があり、観光客にも優しいので安心して利用できます。

肥前鹿島駅(鹿島バスセンター)では、女性係員がいて、切符販売やバス案内してくれます。

祐徳稲荷神社アクセスのまとめ

祐徳稲荷神社のアクセスには車、電車のどちらが良いのか、ご紹介してきました。

初詣には約70万人の参拝者が訪れるだけあり、大混雑は避けれないようです。

今年は年末年始の休みが延長されることで、日程分散の参拝が予想されます。

しかし、分散するとは言え、多くの参拝客が来る初詣には、交通機関での参拝をおすすめします。

年末年始の休みが延長されることで、誰とどのように過ごしたいのか、考える時間も増えそうです。

祐徳稲荷神社の初詣を、思い切り楽しむ参考になったら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました